ドコモ光に加入する前にここをチェック!

ドコモユーザーにとっては、スマホ代が割引となるセット割があるドコモ光に魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。

最大で毎月5,700円も割り引かれるのはお得ですが、これだけ割り引かれる対象の方はほんの一部であり、 申し込み条件によっては「得する人と損する人」が分かれるのでご注意ください。



セット割がお得な人は

(画像引用元)ドコモ光公式サイト

まず、最大の割引となる方は、「戸建に住みドコモを15年以上利用しており、シェアパック30のプランの方」となります。

以外の方は以下の通り

割引対象プラン 割引額
戸建て マンション ずっとドコモ割
シェアパック30(大容量) 3,200円 3,000円 +2,500円
シェアパック20(大容量) 2,500円 2,400円 +1,800円
シェアパック15(標準) 1,800円 +1,200円
シェアパック10(小容量) 1,200円 +1,000円
シェアパック5(小容量) 800円 +800円
データLパック(大容量・8GB) 1,000円 +800円
データMパック(標準・5GB) 800円 +800円
データSパック(小容量・2GB) 500円 +600円
らくらくパック(200MB) 500円 +600円

大容量であればあるほど割引額も高くなっています。
一人でも割引にはなるのですがそうも期待できませんね。

つまり、データ容量を多く使う人数が多い家族などに有利のサービスといえます。

トータル料金を把握する

ドコモ光の月額料金は

月額利用料金 戸建て 集合住宅
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円

タイプA・B共にプロバイダは選べますが、そのプロバイダが提供している光コラボの方が料金は安いでしょう。

当サイトでおすすめするOCNで比較すると

戸建て 集合住宅
ドコモ光
(タイプB・OCN)
5,400円 4,200円
OCN光
5,100円 3,600円
OCN光 with フレッツ 6,100円 4,550円

※OCN光 with フレッツは、NTT東日本(集合住宅はプラン1)の料金

ドコモ光は思っていたより割引率が低いために現在契約しているプランで大幅な割引が期待できない場合、別の光コラボにしたほうがお得になります。

ドコモ光がおすすめのユーザーは

元々大容量のシェアパックだったユーザーは、ドコモ光で問題ないでしょう。
また、シェアパックの方が家族の使い方次第では無駄なく利用できる場合もあります。
このような場合もおすすめです。

>>ドコモ光公式サイトへ

セット割で大幅な割引にならないなら

一人暮らしや少人数の家族なら、わざわざプランを上げて割引額を増やそうとするのはあまり得策と言えません。
何故なら光回線は使い放題ですから、わざわざスマホのデータ容量を増やすのは意味がないですね。

個人的には、セット割にはこだわらず逆にスマホのデータ容量のプランを下げて、その分を光回線でカバーする方が、トータルでさらに安く利用できると思います。

月額パケット料金は、

パケットパック 月額料金
データLパック(大容量・8GB) 6,700円
データMパック(標準・5GB) 5,000円
データSパック(小容量・2GB) 3,500円

例えば、シェアパック15GBなら、3人家族で均等に割ると月に5GBも使えます。
光回線はつなぎ放題ですから、スマホのデータ容量を節約し2GBにまで落とす方法もアリ。

パケットパックを1つ下げただけでも、1人当たり1,500円位料金が下がります。

このようにセット割にこだわらず、使い方を工夫してみたでどちらがお得か見極めましょう。

>>光コラボおすすめランキング