ワイモバイルと格安SIMのセット割を比較

自宅に光回線がある方は、ソフトバンク光にすることでワイモバイルを更に安く利用する事ができます。

このソフトバンク光は「光コラボ」と言われているもので、フレッツ光を利用している方は簡単な作業で乗り換え(転用)可能な事が特徴の一つ。


この光コラボには格安SIMを利用した場合のセット割もあるので、どちらの方が安いのか比較してみます。



ソフトバンク光の「光おトク割」
契約回線数によって割引額も異なりますが、4回線以上なら最大で毎月5,200円の割引。

出典:ワイモバイル公式サイト
スマートフォン回線数

(スマホプランS/M/L)
割引額

(全回線の合計割引額)
SoftBank 光
(戸建住宅の場合)
1回線
500円
2回線
1,000円
3回線
1,500円
4回線以上
5,200円
SoftBank 光
(集合住宅の場合)
1回線
500円
2回線
1,000円
3回線以上
3,800円

どのプランでも割引額は同じなのが「光おトク割」の特徴。
つまり、一番安いプランS(月額2,980円)を利用すれば更に安く利用できる訳です。
ソフトバンクスマホの料金が割引になる「おうち割」があるのですが、それとは違う内容となっているので注意しましょう。

もう1つ、注目したいのは、戸建てで4回線以上、マンションで3回線以上利用した場合。
割引額がぐっと上がるので、家族で利用を考えている方はお得です。

格安SIMの「セット割」

光コラボを利用したセット割引があるMVNOは、以下の通り。

・OCN光
・BIGLOBE光
・@nifty光
・So-net光
・U-NEXT光
・IIJmioひかり

このMVNOが提供する格安SIMを利用すると、さらに割引が適用されます。

今回は、会員数が最も多いOCN光で比較します。

OCN光
固定回線サービス1回線につき、OCNの格安SIMが5回線まで適用。
1回線につき200円/月、最大1,000円/月の割引となります。

出典:OCN光公式サイト

料金の徹底比較

それでは、どれ位の料金から利用できるのか見ていきます。

<同条件のプランで比較>

月に3GB使えるプランが同条件のプランとなります。

ソフトバンク光・光おトク割

スマホプランM
OCN光・セット割
3GB/月コース
戸建て
8,680円
6,700円
マンション
7,280円
5,200円

内訳:光回線+モバイル通信-割引)
ソフトバンク光・スマホプランM

戸建て 5,200+3,980-500
マンション 3,800+3,980-500

OCN光+3GB/月コース

戸建て 5,100+1,800-200
マンション 3,600+1,800-200

こうみると、ワイモバイルの方が高いですが、「無料通話」「ピーク時の通信に強い」などのアドバンテージがあることをお忘れなく。

<家族で利用で利用する場合>

家族4人で利用すると想定すると、

ソフトバンク光・光おトク割
スマホプランM
OCN光・セット割
3GB/月コース
戸建て
15,920円
11,600円
マンション
15,920円
10,200円

内訳:光回線+モバイル通信-割引)
ソフトバンク光・ データ定額パック(標準)

戸建て 5,200+3,980×4-5,200
マンション 3,800+3,980×4-3,800

OCN光+3GB/月コース

戸建て 5,100+(1,800-200)×4
マンション 3,600+(1,800-200)×4

幾ら光回線分がチャラになるといっても、そもそもが安い格安SIMには敵いません。

選択肢としては・・・

ソフトバンク光のみの選択になってしまいます。
何故かソフトバンク光の公式サイトでは大々的にアピールしていませんが、ワイモバイルユーザーならぜひ利用したいところ。

ソフトバンク回線を安く利用できるワイモバイルが更に割引が効くというのは魅力ですね。

ワイモバイルのプランを下げて(割引額は同じ)、容量の大きい動画やゲームは光回線をメインにするなど、上手く使い分けるのが1つの手です。

もし、「もっと安くしたい・・・」と思うなら、光コラボ+格安SIMを考えて見ましょう。

公式サイト:ソフトバンク光